凪

凪

凪

(26)

なぎ【Nagi】

  • T172cm
  • W60kg
  • A型
  • おひつじ座
  • 20代
  • 癒し系
  • イチャ甘
  • 包容力◎
  • 知的高学歴
  • 色白美肌
  • テクニシャン
  • クンニ好き
  • 性感開発
  • 変態さま歓迎
  • 非喫煙
  • 料理男子
  • English
  • お泊まり
  • 旅行同伴
  • カップル
  • 複数プレイ
  • 写真動画撮影

凪のTwitter

セラピストへの質問

自分の性格を一言でお願いします

好きこそ物の上手なれ

女性の身体で好きなパーツは?

耳・首

プチ自慢ありますか?

TOEIC825点

性感で自信のあるプレイは?

からだ全体への愛撫

子供の頃の夢は?これから将来の夢は?

音楽家。いろいろありますが、いちばんは自分に自信を持てるようになること

女性に奉仕するのは好きですか?

女性に奉仕している時間が一番「生きている」ことを実感できます

スポーツは好きですか?

全般的に好きです。今はリングフィットしかしていませんが(笑)

愛読書は?

『ライ麦畑でつかまえて』

自分を「変態」だと思いますか?

「性に対して人並外れた追求心がある」という意味では間違いなく変態です

何かフェチがありますか?

尊敬するひとは?

宮崎駿さん

幸せを感じる瞬間は?

「愛されている」と感じられるとき

似ているといわれる有名人は?

Official髭男dismの藤原聡さん

好きな食べ物は?お酒は飲みますか?

出汁の利いた料理。一人では飲みませんが人と飲むのは好きです

自分の身体で好きなところは?

もし明日地球が滅びるとしたら何をしますか?

ポリネシアンセックス

ドキッとする女性の仕草は?

後ろからのハグ

ラブリーな「デートプラン」考えてみてください

吉祥寺に行ってりんご飴専門店に行ったり、井の頭公園でアヒルボートに二人で乗ったりモルモットと触れ合ったり、社会派の映画を観たりした後、お家に帰ってパスタを一緒に作ったりアマプラで好きなアニメを観たりして過ごす

スケジュール

本日(土)

 - 

明日(日)

 - 

01/30(月)

 - 

01/31(火)

 - 

02/01(水)

 - 

02/02(木)

 - 

02/03(金)

 - 

02/04(土)

 - 

02/05(日)

 - 

02/06(月)

 - 

お店からのコメント

コメント準備中です。

セラピストからのメッセージ

はじめまして、凪(なぎ)と申します

たくさんの素敵なセラピストの方々の中から
ぼくのページを訪れて下さりとても嬉しいです

まずはぼくがセラピストになったきっかけからお話ししたいと思います

初めてセラピストという職業を知ったのは今から10年ほど前
きっかけは当時よく覗いていたGIRL'S CH(ガールズシーエッチ)という女性向けのAV配信サイトでした

その中にホストクラブやマッサージ店など性的なものからそうでないものまで様々な女性向けのサービスを女性スタッフが体当たりでリポートするというシリーズがあったのですが、その一つとして女性向け風俗(当時からこの呼び方だったか定かではないですが)を利用する回がありました

セラピストがホテルの一室に入ってくるなりひざまづいて花束を女性に捧げシャンパンを開けて乾杯、場を盛り上げながら軽妙洒脱なトークで女性を和ませます

そこからキス、ベッドイン、オーラルセックスと一通りサービスを提供して、最後に女性が挿入はだめなんですか?と寂しげに聞いていたのを今でも覚えています

めくるめく夜のお仕事の世界、
まして女性がお金を払って男性に性的なサービスをしてもらうと言う世界があるということが男性向け風俗の存在しか知らなかった自分には衝撃で、もともと男性の性はバラエティ番組や男友達との会話などでも比較的オープンに語られがちなのに対して女性の性は触れることがタブーのような固定観念があったのもあり、それからしばらくはスマホの検索結果が女性用風俗で埋まりました。

セラピストのお仕事に憧れて色々調べていたぼくでしたが、そうは言っても当時はまだ高校生、性的な経験も乏しく自分の容姿も全く好きにはなれず恋人もいない自分にそんな仕事ができるわけないと自分に自信が持てなかったこと、また地元では有名ないわゆる進学校に通っていたこともあり時が経つにつれて女性用風俗のことはすっかり忘れ周りのみんなと同じように大学に進学したのでした

それから10年後、ぼくは女性用風俗というキーワードと再会しました

きっかけは『「女性向け風俗」の現場』という現役ベテランセラピスト(ご本人は性感師と名乗ってらっしゃいます)の柾木寛さんの新書をAmazonのベストセラーランキングか何かでたまたま知り気になって読んでみたことでした

処女コンプレックスを昔から抱えている、夫とのセックスレスに長年悩まされている、ありあまる性欲を持て余している、など著者の元を訪れるさまざまな悩みを抱えた女性達の話はリアルで深刻で切実でした

読み進めるうちにもはや社会的、構造的とも言えるのではないかという女性の性の悩みを知り、自分が過去にした似たような失敗を思い出し身につまされる感じがするとともに、そういった悩みを一人一人に寄り添った性感によって解決していく著者の姿を見て、10年前に抱いた衝撃とはまた別の感動にも似た衝撃を感じました

もともと日本におけるジェンダーに興味があったこと、また折しも前職を退職して求職中だったこと、そして10年の間にいろいろな女性と恋愛、セックスをしてきた中でとにかく相手に尽くしたい、悦んでもらいたいという気持ちを率直に褒められることが何度かあり以前よりは自分に自信が持てるようになったこと、様々な偶然が重なって今ならセラピストになれるかもしれない、と思いました

10年経ってぼくのスマホの検索結果は再び女性用風俗で埋まることになったのです。

検索結果に出てきたお店の中でも特に
・男性本位ではなく女性の気持ちに寄り添っていることがホームページからも伝わってくること
・初期研修に力を入れてそうなこと
を条件にいくつかピックアップして、
最初に応募したのがもともとTwitterでもフォローしていたしみけんさんが立ち上げたこのスイートスポットでした
そして本当に運良く採用に至ってこの文章を書いています

今このページを訪れているということは、何かしらあなたには悩みがあるのではないでしょうか、、

男の人のことがどうしても苦手でずっとつらい思いをしてきた、性的な経験がないことにどこか負い目を感じている、自分が誰からも性的に求められない不満がある、痛いのが怖くて性行為に前向きになれない、誰かに愛されたい、寂しい、消えたくて死にたくて仕方がない、など、、

ぼくはあなたが抱えているどんな悩みも心から受け止め、誠心誠意寄り添います

あなたの悩みを解決するお手伝いをしたり、あなたは決して一人じゃないよと気づいてもらったり、いま困っている人の力になりたいという思いこそぼくがセラピストを目指した原点だからです

また女性用風俗に興味はあるものの、いざ実際に利用するとなるとこれまで男性経験がなくて不安で仕方なかったり、20代の男の子には歳の差を感じてしまって頼みづらい、などなかなか一歩が踏み出せない方もいるかもしれません

ぼく自身、初体験が周りに比べ遅かったり失恋に立ち直れなかったこともあり自分は一生誰からも愛されないんだ、と死にたいと本気で思うほど苦しんでいたこともあります

また私事ですが50代の方とお付き合いしたこともありますし、彼女がいわゆる処女だったことも何度かありましたが、単に身体的な痛みだけでなく、精神的な不安にも精いっぱい寄り添ってふたりともが幸せな性生活を過ごせるような関係性を築くのに努力は惜しんでこなかったつもりです

自分の話ばかりで申し訳ないです
とにかくお伝えしたいのは、ぼくが勇気を持ってスイートスポットのホームページの求人フォームに応募したように、あなたもどうか勇気を持って一歩踏み出してみてほしいです
勇気を出してお会いしてくれるあなたに、ぼくも全身全霊で尽くし寄り添います

さみしさは半分、しあわせは二人分。
あなたにお会いできるそのときを今から楽しみにしています

口コミ口コミ件数:0件

口コミがまだ投稿されていません。投稿をお願いします。

写メ日記

温活はじめました!

温活はじめました!

2022.11.26 02:03

こんにちは!とある日の性感講習でサイコパス感があって好きとモデルさんに褒め...

もっと見る

PAGETOP